4月公開例会「ローカルSDGs~ゼロカーボンシティへの開花~」を開催しました(ゼロカーボンフォーラム)

4月は公開例会として外部の方をお招きし、ゼロカーボンシティ実現へ向けた意識の活性化を目的とした例会を開催しました。

第1部ではSDGs推進委員会 副委員長 真田拓君よりJCプレゼンテーションとして、ゼロカーボンシティ実現へ向けて鶴岡市の2050年までのビジョンと環境ネットワークの構築、地元企業のゼロカーボンの取り組み参加と新たな地域での脱炭素ビジネスの創造について語っていただきました。

第2部の基調講演では環境省の近藤崇史様より環境問題に取り組むことがビジネスの機会となることについてお話いただき、ヤマガタデザイン株式会社の山中大介様にはSDGsや脱炭素を企業としてどう取り組むべきかをお話していただきました。

第3部ではクロストークを行いました。持続可能なまちを目指しゼロカーボンシティとなるために今後のどうするべきか、鶴岡青年会議所理事長 五十嵐由浩君をコーディネーターとして、鶴岡市長 皆川治様・近藤崇史様・山中大介様に意見交換をしていただきました。

1部から3部を通してゼロカーボンシティ実現へ向けて地域が一体となり取り組む必要があること、脱炭素に取り組むことが新たな地域ビジネスの機会を創出することについて学んでいただきました。

そして、例会内では鶴岡市長 皆川治様よりゼロカーボンシティ宣言を発信していただくとともに、鶴岡青年会議所においてもゼロカーボンシティを推進していくことを宣言致しました。

ゼロカーボンシティへ向けた歩みはまだ始まったばかりです。今後、この歩みを着実に進められるようにSDGs推進委員会では今後も取り組んで参ります。

報告者:SDGs推進委員会 委員長 白幡 徳明