2022年度理事長挨拶

明けましておめでとうございます。

平素は鶴岡青年会議所に対し格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

また、皆様方におかれましては健やかな新年をお迎えになった事とお慶び申し上げます。鶴岡青年会議所は昨年55周年を迎えました。これも偏に、修練、奉仕、友情の三信条のもと、常に高い志を持ってより良い地域になるために行動し続け、私達に歴史と伝統を継承してきた先輩諸氏、行政や関係諸団体のご協力と地域の皆様のご支援のおかげです。私達は地域社会の発展を目的に運動を行っていますが、2020年から今もなお終息していない新型コロナウイルスの影響で、当初計画していた事業が思い通りにできない状況が続いています。しかし、前代未聞の状況下の中でも、環境の変化に対応するために知恵を出し合って「考動」する機会を得ているとも捉えられます。様々な予期せぬ事が起こりますが、時代に即した方法で柔軟に対応する適応力こそ今後必要な能力だと思います。社業や地域社会の起こり得る課題に向き合い、ピンチはチャンスに繋がるという前向きな発想で常に挑戦し、歩みを進めます。

2022年度は「Solution ~持続可能な未来へ~」をスローガンに、5つの柱で事業を行います。【青年経済人として成長するためのビジネスの向上】【協働による地域の活性化】【組織の絆を強化】【赤川花火大会の開催】【持続可能な組織であるために会員拡大の強化】時代が目まぐるしいスピードで進んでいく中で、私達が未来を見据えて新しい価値観で成長する事で社業の発展に繋がり、地域を巻き込んで協働する事により、地域活性の効果を高めることができると思います。

55年間の歴史や伝統を守りつつ時代に即した組織へと変革し、想いをつなぎ、輪をつなぎ、持続可能な未来へとつなぎます。私達の活動を支えてくださっている皆様にとってより良き年になりますよう心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

公益社団法人鶴岡青年会議所
2022年度第56代理事長 佐藤 友昭